読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

法務部リスク管理課

法務部リスク管理課に所属しながら、中小企業診断士としての活動を模索中。

財務_第09問(H21)

過去問 H21 09

 
財務_第09問(H21)
 
次の資料に基づく販売数量の変化による売上高の増減額として、最も適切なものを下記の解答群から選べ(単位:千円)。
  前期 後期 増減
売上高 288,000円 301,000円 13,000円
販売数量 400Kg 430Kg 30Kg
販売価格 720円 700円 −20円

[解答群]
ア 8,600
イ 600
ウ 15,000
エ 21,600
 
  

【正解】
[難易度B]
 
 【解説】
これは比較的簡単な問題ですが、売上高や売上原価、利益の増減分析はよく問われる論点です。
 
理屈で理解していれば計算でも解けますが、下記の図がすぐに書け、価格要因と数量要因の領域外側(当期)から内側(前期)を引くこと(標準原価計算の逆!)を押さえておけば、少々複雑な条件でも簡単に答えが出ます。
 

f:id:otoken:20121106100424j:plain

 
重なる部分は「価格要因」に含めるため、常に「字」になることを覚えていれば間違わないと思います。予算と実績の差異分析の場合も考え方は同じです。
予算が内側、実績が外側で、外から内を引いてそれぞれの差異を分析します。