読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

法務部リスク管理課

法務部リスク管理課に所属しながら、中小企業診断士としての活動を模索中。

財務会計 過去問 H24 04

過去問 H24 04

 
次のキャッシュ・フロー計算書に基づき、支払利息勘定の空欄Aの金額として最も適切なものを下記の解答群から選べ。
 

f:id:otoken:20150205160750p:plain

 

 

[解答群]
ア 100千円
イ 300千円
ウ 500千円
エ 1,000千円
 
 
 
 
 
 

【正解】
[難易度C]
 
【解説】
キャッシュフロー計算書から支払利息勘定を推定する問題。
この間接法によるキャッシュフロー計算書では、小計以前の「支払利息」と小計以降の「利息の支払額」では、意味が異なっている。
 
小計以前の「支払利息」は、営業利益への修正である。そのため、単純に損益計算書の支払利息の符号を逆にした金額が入る。また、小計以降の「利息の支払額」は、実際にキャッシュアウトした金額となり、損益計算書の支払利息に、未払利息や前払利息などを調整した金額がはいる点が異なっている。
本問の支払利息勘定の(  )欄に入る数値は以下の通りとなる。
 
損益
支払利息勘定の損益欄は、損益計算書の支払利息の金額がそのまま入る。したがって、キャッシュフロー計算書の小計以前の「支払利息」の金額である1,100千円がはいる。
 
当座預金
支払利息勘定の当座預金欄は、支払利息として実際に支払った金額が入る。したがって、キャッシュフロー計算書の小計以降の「利息の支払額」の金額である1,000千円がはいる。
 

支払利息
前払利息 400 損益 -1,100
当座預金 -1,000 前払利息 300
     
  -1,400   -1,400
 
したがって、空欄Aは、1,400-1,100=300(千円)となる。