読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

法務部リスク管理課

法務部リスク管理課に所属しながら、中小企業診断士としての活動を模索中。

財務会計 過去問 H22 06

過去問 H22 06
 
当期の資産と損益に関する次の資料(単位:千円)に基づいて、キャッシュ・フロー計算書の空欄Aに入る数値として最も適切なものを下記の解答群から選べ(単位:千円)。
 
 
[解答群]
ア 840
イ 960
ウ 1,010
エ 1,200
 
 
 
 
 
 
 
 

【正解】
[難易度C]
 
【解説】
頭で考えてもよく分からないので、有形固定資産と原価償却累計額の合計が、期中でどのくらい増減したかを図で表します。
 
期首 期末
期首簿価   当期売却(簿価)  
      860
    減価償却  
      2,040
  36,700 期末簿価  
当期取得      
  0   33,800
 
上記のように、
(33,800+2,040)−36,700=−860
となり、期中に860の資産が貸借対照表から消えたことになります。
 
この失われた860分の資産が、売却により現金に変わったわけですが、もう少し続きがあります。
売却益が150出ていますね。これは上記の資産が150簿価より高く売却できたことを意味しますので、資産の売却によって入ってきた現金は、
860+150=1,010
となります。