読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

法務部リスク管理課

法務部リスク管理課に所属しながら、中小企業診断士としての活動を模索中。

特許の要件

【問題】
(  )の中を埋めよ
特許の要件は、(  )上の利用可能性、(  )性、(  )性である。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【解答】
特許の要件は、(産業)上の利用可能性、(新規)性、(進歩)性である。
 
【解説】
特許の要件
特許法上の発明(つまり、自然法則を利用した技術的思想の創作のうち、高度なもの)であっても、特許の登録を受けるためには、次の『特許を受けることができる発明』の要件を満たす必要がある。
 
①産業上の利用可能性(産業上利用することができるか)
第一に産業として実施できるものでなければならない。ここでいう産業とは、工業、鉱業、農業などの生産業だけはなく、サービス業、運輸業などのモノの生産を伴わない産業も含んでおり、特定の人の趣味ではなく、皆が使えるものである必要がある。
 
②新規性(新しいかどうか)
その発明がいまだに社会に知られていないものであることをいう。
既に誰もが知っているような発明に特許権という独占権を与えることは不適切である。
 
③進歩性(容易に思いつくかどうか)
進歩性とは、特許出願前にその『発明の属する技術の分野における通常の知識を有する者』が、容易に発明することのできないものであることをいう。