読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

法務部リスク管理課

法務部リスク管理課に所属しながら、中小企業診断士としての活動を模索中。

問題集 第05章 意思決定会計01

問題集 第05章 意思決定会計01
 
財務_問題1 複利現価係数
 
8%複利計算を想定し、3年後の価値を現在価値に割引くための複利現価係数を求めよ。
 
[解答群] 
ア 0.781
イ 0.794
ウ 0.8
エ 0.813
 
 
 
 
 
 
【正解】
[難易度A]
11/09◯
 
【解説】
複利現価計算とは、将来の一定時間のキャッシュフローをある割引率で現在価値に割り引くための係数をいう。
割引率をr、運用年数をtとすると、複利現価係数は以下の式で算出される。
 
複利現価係数=1÷(1+r)^t
 
r=8%(0.08)、運用年数3年として計算すると、1÷1.08^3 = 0.79383・・・となる。
 
よってイが正解。